東京オリンピック開催外国人とのチャンスを得る方法

東京オリンピック開催が2020年に決まり、随分と盛り上がりをみせている日本。外国人の方が大勢来日されることが予想されています。あなたも一度は人生の中で日本人以外を見たことがあることでしょう。
もしあなたがその方々と喋りたいを考えているならば、国内で外国人とのチャンスを得る方法をお伝えします。
まず初めに、外国人を見たときあなたはどう思うでしょうか。大抵の方は話すことに少し興味はあるが、自身の英語力を不安に思い、話しかけることを躊躇してしまうことでしょう。
しかしそれは大変もったいないことです。友達の経験談をお伝えすると、例え英語がそれほど上手ではなくても、話しかけられたことを嬉しく思うそうです。
その英会話、ネイティブに伝わるか試してみませんか?

学もせずに英語が話せるようになったので、英会話スクールなんて意味がないだろうと思っていましたが、実際に、そこに通う生徒さんに接していくなかで、やっぱり「英会話スクールに通ったところで英語が話せるようになるわけではない」という結論英会話を学ぶ目的が単なる「趣味」で、英語を話せるようにならなくてもいいという人にはおすすめします。

有り余るお金をどのように使えばいいかわからないので、とりあえず英会話スクールに行ってみようと思う人にもおすすめです。しかし、有り余るほどのお金はないけど、英語を本気で学んでしゃべれるようになりたいという人や英語初級レベルの人には英会話スクールは絶対におすすめしません。
オンライン英会話などの最大の欠点がこれ。誰でも英会話教室に通い始めた最初の頃はやる気満々ですが、何度も通ううちに徐々に最初のやる気が失われていってしまいます(もちろんそうじゃない人もいますが)。
誰にでも起こる「なかだるみ」の時期には予習や復習を怠ったり、暗記や勉強を怠るようになって、だんだん「ただ通うだけの生徒」になってしまいます。たった一人独学で英語を勉強している人の場合は、「このままじゃいけない」と奮起して、もう一度机に向かうように努力するのでしょう。

数時間のレッスンで英語を勉強していると錯覚し、満足してしまう学習者が非常に多いです。しかし、当然ながら、週にたった数時間の英会話学習で英語が話せるようになるほど、英語力の取得は甘くありません。語学の取得と言うのは時間がかかることなので、「続けること」がまずは大切ですが、具体的な目標(試験や留学、旅行など)を設けるなどして、ある程度「集中的に」学習することも必要です。

個人的には、TOEIC600点(英語の基礎をマスターしているレベル)以下の学習者は英語で“会話”ができるレベルに達していないと思います。つまり、英単語や英語フレーズのインプット量が絶対的に足りていないということ。なぜならスピーキングとは、知っている知識をアウトプットすることだからです。使える英単語や英語フレーズのストックが自分のなかにいくらあるか?によって、会話の内容をどこまで掘り下げられるか?が決まってきます。



普段日本語を話して会話しているのと同様に、英語でも話す内容や状況は無限にあります。「用意された場」があるのはレッスン中だけで、外国人の先生が熱心に話を聞いてくれるのも相手が「生徒さん」だからです。お金を払った相手とのみ英会話ができれば満足だという人はそれで構いませんが、英語を習得して仕事なり、留学なり、新たな人間関係に繋げたいという人は自分のわからない・用意していない状況でも積極的に発言していく力が必要になってきます。
英会話スクールを「ビジネス」の観点から見てみると、生徒さんにはできるだけ長くモチベーションを保ってもらい、なおかつできるだけ長く通い続けてほしいわけだ。つまり、英語の上達にとても時間をかけてほしいということ。しかし、かといって全く上達しないのであれば辞めてしまう生徒さんがでてきてしまうので、希望を持たせるためにも「少しずつは」上達してほしいというのが英会話教室の本音ではないかと思う。

ネイティブのような流暢な英語が話せるとはあちらも思ってはいません。こんな経験ありませんか。あいさつ程度の日本語しか知らない外国人が、積極的にそのワードを笑顔で使ってくる。あなたはそれを体験して嫌な気持ちにはならないでしょう。
日本にはたくさんの外国人が訪れている昨今、自分から少し話しかけてみるだけでいいのです。少しの勇気だけです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です