独学で英会話を確実に上達させる勉強法

独学で英会話を確実に上達させる勉強法

教材コレクターはもう終わり。あなたが手にする最後の英会話教材【プライムイングリッシュ】

赤ちゃんが自然に言語を習得する流れに沿うことが正しいように言われますが、それは無理な話です。
日本人の大人はこれまで学校教育というガチガチのお勉強で頭がどうしても固まっています。
赤ちゃんの言語習得プロセスに沿うだけでは無理があります。
独学で英会話を上達させる上で、一番大事な事が意味を完全に無視することです。英語の音をしっかりと聞くことを優先して進めます。
そうすれば、英会話の際に、これは不思議な感覚なので自分自身が一番驚くことになるのですが、確実に相手の言葉を聞き取れるようになります。
英会話がマスターできない人達に共通することは、最初の段階で勉強法が間違っているということです。
最初に必要なのが、英語の音へのチューニング作業です。日本人の耳ほど英語を聞き取りづらい状態になっているものはありません。まずは、日本語回路を壊し、ネイティブの耳感覚へ脳に英語の音をチューニングさせてあげるのです。
英会話の勉強法でも、英文法の要素になりますが、英文法を勉強せずに英会話につながる勉強法をお伝えします。特に、英会話を聞く場合も話す場合も、英語の語順のまま聞き取れて話せるという回路が出来上がれば、よりネイティブの感覚に近づけるからです。
専門家でない限り、ほとんどの人が日本語の文法を知らないはずです。それでも、あなたは自然に日本語をマスターしています。
私でも英会話もマスターできるくらい簡単です。

その英会話、ネイティブに伝わるか試してみませんか?


その鍵が「違和感」を身につけることです。そのことを証明するために、次の2つの例文を見てみましょう。

① I will do my best.
② I will do best my.

日本語に訳すと「一生懸命がんばります!」になりますが、この2つの例文から何か違和感を覚えるはずです。少しでも英語を勉強した人であれば、②の「best my」の語順が違うことに気づきます。
もっと簡単な例で説明しましょう。日本語でもいつも使う英語の言葉に「Thank you(サンキュー)」があります。例えば、これを相手がひっくり返して「You Thank(ユーサン)」と言ったとしましょう。
そもそも、英会話でも、英語の意味が理解できなければお話しになりません。
ですので、英語を英語のままとらえ、ネイティブの感覚で、パッと頭にその状況や光景が思い描けるようなるために必要な英会話スキルを身につけます。
そのためにも、英会話の中の多くを和訳していては、実際の会話のスピードにはついていけません。そこで必要なのが、英語を和訳(文字化)しない、聴覚と視覚の連動力(映像化・イメージ化)を作ることです。
単なる単語の暗記や勉強は英会話習得には向かないということです。おそらく、単語は勉強するなと言うと、猛反発される方もいるでしょう。でも、考えて見てください。

あなたの周りで、中学・高校で単語帳を暗記して、英語がペラペラになった人をご存じですか?
もちろん、単語を知るだけで、全く知らないよりもコミュニケーションはとりやすいです。これは事実なので否定はしませんが、問題なのはその記憶法です。
中学校や高校で勉強して記憶した英単語をほとんどの人は覚えていません。つまり、これは従来のような勉強法で英単語を記憶しても、あまり意味がないということです。

ネイティブの発音が身につく英会話勉強

相手にあなたの英語が通じるようになるためのアウトプットトレーニングになります。
アウトプットによる英会話の勉強は、インプットのトレーニングの後に実践することで、スムーズに英語を話せるようになります。
その逆はありません。必ずインプットの次にアウトプットの流れを守ってもちろん、いくらアウトプットに移行したからといっても、発音が出来ていなくて相手に通じないのでは全く意味がありません。

今まで日本人が実践してきた方法を完全に否定はしません。単語は記憶しなくてはいけないし、実際に話さなくてはいけません。しかし、その順序と方法がちょっと違うだけなのです。勉強が出来る人のみが英語が出来るわけではありません。
何故なら、世界でも難しいとされている日本語を日本人の誰もが聞けて、話せています。つまり、日本語も英語と同様で、正しい方法で、また正しい順序で進めることで簡単に習得できているのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です