語学力とグローバルに活躍する

語学力を上げると就職に有利なことは明白ですが、語学力を活かす仕事に就いてグローバルに活躍する人材になるには「コミュニケーション能力」も必要になります。目の前の語学力レベルだけでなく、将来を見据えてコミュニケーションスキルにも磨きをかけておきましょう。
高品質な英会話をワンコインで。【WOMANオンライン英会話】

なぜ日本人は語学力(ここでは英語)を伸ばすことができないのでしょうか? これについては様々な意見が交わされているので一概には言えませんが、その答えの1つとして、日本人はコミュニケーション能力が低いということが挙げられます。英語の勉強時間が増えたとしても、実際に会話の中で英語を話せるようにならなければ意味がありませんよね?
日本人にはグローバル標準なコミュニケーションの取り方を知らないという致命的な欠点があり、これが語学力向上の妨げにもなっているのです。

日本人のコミュニケーションの取り方は、周りに同調したり天気や食事内容の事実を述べたりするばかりで、なかなか「自分の意見」を主張することがありません。語学力を伸ばしたい人がこのような調子では、会話をしながら話題の幅を広げていき語彙力を強化するということもできませんよね? 逆に、コミュニケーション能力が高い人はあまり勉強をしなくても英会話のコツを掴み、知らないうちにペラペラ話していたりします。

日本の若者がもっとグローバルに活躍できるようになるには、なるべく早いうちにグローバルな環境に身を置くべきです。その理由は、実際に海外へ行き経験を積んでいる人たちの言葉にあらわれています。

世界で活躍するグローバル人材になるためには、真の語学力とコミュニケーション能力の両方を身に付ける必要があるとということをお伝えしてきました。例えば、海外留学をして語学学校に通ったけど、結局あまり英語を話せるようにならないまま、普通の生活に戻ってしまったという人は良くいます。

語学力を伸ばそうとしてコミュニケーション能力が伸ばせないと、こうなってしまうわけですね。
英語を話せるようになることだけを目的にしていると、いつか必ず大きな壁にぶつかります。それは、英語でコミュニケーションを取るために必要な「グローバル標準のコミュニケーション作法」が、いつまで経っても身に付かないからです。逆に、コミュニケーション能力が高い人は語学力もどんどん向上します。

これから英語力を伸ばしたい、または、語学力を向上させて将来グローバルに活躍したいという人は、まずは自分が「グローバル標準のコミュニケーション作法」を身に付けられているかどうかを確認してみましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です